お知らせ

2016/06/14

本日の入荷状況(6月14日)

瀬戸内産のちりめんじゃこが多く入荷してきました。

兵庫県の瀬戸内はイカナゴやシラスの全国有数の産地で、シラスは春先から秋口にかけて入荷があります。

写真のものは「ちりめん」や「かちりちりめん」と呼ばれ、シラスを天日干ししたものの事を言います。

瀬戸内産のちりめんは色が白く見た目が綺麗で、人気があります。

ちりめんの色は原料となるいわしの種類などで変わってきます。

かたくちいわし、まいわし、うるめいわし、等が主たる原料となり、うるめいわしの割合が多ければ黄色くなります。

かたくちいわしなどはちりめんにした時最も白くなり、見栄えがします。

市場では色の他にサイズなども加味して評価されます。

地方によって好みは異なりますが、あまり大きいものは嫌われる傾向にあります。

京都などでは「ちりめん山椒」の需要もあり、かなり小筋のものが好まれます。