お知らせ

2016/07/25

土用の丑の日

今週の土曜日は夏の土用丑になります。

夏の土用丑といえば、一年で最も鰻が食べられる日ですね。

この習わしは200年以上前から続いていて、平賀源内が夏に売れないうなぎ屋のために考案した、とされる説が有力となっています。

近頃は夏以外の土用丑にもうなぎを売り込もうとする動きがコンビニなどで見られますが、是非夏以外にもうなぎを食べてほしいですね!(実はうなぎの旬は冬です)

 

うなぎといえば蒲焼が代表的だと思います。地域によってタレの味や調理法も少し変わります。

関東では背開きにして一度蒸してから焼きますが、関西では腹開きにして蒸さずにそのまま焼きます。

※背開きにする理由は、「腹開きだと切腹を連想させるから」、腹開きにする理由は、「商売人が腹を割って話す」からきているみたいです

愛知県では蒲焼を細かく切った「ひつまぶし」も有名ですね。

他にはタレをつけずに、わさび醤油で食べる「白焼き」、

うなぎの肝を使った「肝焼き」、

だし巻き玉子の中に蒲焼や白焼きを入れる「うまき」、

といった料理も食べられます。

蒲焼以外は注目されにくいかもしれませんが、今週末なら量販店でも品揃えしてあると思いますよ!